心無いママ友グループの言葉の暴力に耐えかねて・・・

母子に酷い言葉の暴力を浴びせたママ友グループの末路とは

差別的な言葉の暴力程、酷いものは有りません。

それはしばしば身体的暴力より深い傷となり、受けた側は中々癒されることは無いのです。

まして、それがハンデを背負った最愛の我が子に向けられたものだったら・・・

耐えられないほどの苦痛でしょう。

今回はそんな経験をした女性のお話です。

その女性はバス内で酷い言葉の暴力を受けました。

耐えられなくなり、バスを降りようとしたところ、運転手さんの思いがけない言葉で救われたのです。

そんな考えさせられる感動的なエピソードとは・・・

車椅子の息子

私には10歳になる男の子がいます。

ある病気のために車椅子生活を余儀なくされ、服用している薬の副作用で身体がパンパンにむくんでまるでダルマさんのような状態になっています。

知的レベルには問題が無いため、逆に辛い思いを沢山味わってきました。

その日は通院の為、バスに乗っていました。

出典:hashmedia.net

いつものように運転手さんが座っている人に声かけし、車椅子専用の座席を空けてもらいました。

しかし立たされたことにカチンときたのか、その乗客はひどい暴言をぶつけました。

バスのなかであびせられた心無い暴言

ご存知と思いますが、バスや電車など公共乗り物では車いすの方が乗車する時は、必ず駅員や乗務員の方がサポートします。

バスの場合、運転手さんが車いす専用の座席を空けてもらうよう声がけをします。

その専用座席に座っていたあるママ友グループが、席を空けさせられた逆恨みかその母子に酷い暴言を浴びせ始めたのです。

「ブクブクして醜い」

「どうして税金泥棒に席を譲らなくちゃいけないの」

「補助金でいい思いしているくせに」

「世の中の役にたたない。なんで生かしておくの?」

出典:hashmedia.net

思い出してもムカムカ腹が立ってくるような言葉。

それも私たちに直接言うのではなく、聞こえよがしに仲間内でこそこそと…。

小さい子供連れのママグループでした。

息子もその言葉にいたたまれなくなり、

「お母さん降りようか?」と言ってくれました。

息子は耳が聞こえにくいので、声が普通より大きくて発音もはっきりしません。

その息子の言葉に「きもっ!」と一言。

もう耐えられない!

あまりの酷さにブチキレた私。

次のページへ続きます


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です