4日後に修理完了の電話をし、引き取りに着てもらった時には

なにやらお綺麗な彼女さんを連れていらっしゃった。

小さな店に20代の若い方が来ること自体珍しいのでちょっと緊張して挨拶をしたら

私を見るなり彼女さんが小声で

「・・・わっ・・・なに・・・きたないカッコ・・・いやだぁ・・・」と。

聞こえてますよ・・・

かなりイラッとしたけど、お客さんだし、まあ歳も同じくらいの女が

化粧気もなく油まみれの手と(夏場だったので)

汗も沢山かいてたからそりゃそう言われるわな・・・と凹んだ。

まあまず美人さんにこんな姿を見られて、尚且つ

面と向かって言われてしまったから何だか一気に恥ずかしくなって、凹んだ。

でもその後に、受取人の彼氏さんが

「祖父の形見をきれいに直して下さって有難うございました。

でも、こうやって汗をかいて土や油で真っ黒になりながら、

他人のものを宝に直してくれる素晴らしい職人さんに、

とても失礼なことを聞かせてしまいました。本当にごめんなさい。本当に。」

って言い始めて、びっくりした。

私よりも彼女さんが凄くびっくりしていた。

と思ったら次には顔を赤黒くさせていた。

続きをご覧ください!

次のページへ続きます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です